テーマ:写真

太陽のひとりごと~~

僕が遠いお空に来てからもう2か月が過ぎてしまいました。。優しいパパとのんびりボール投げしています。毎日散歩していた憩いの森を思い出します。昨年は全国植樹祭の植樹の第二会場でしたね。綺麗に整備された森をよく歩きましたね。 僕は本当にお散歩大好き犬でしたね。ママとたくさんたくさん歩いてとても楽しかったです。そしてたくさん思いで作りましたね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽のひとりごと~~続き

僕は雨ふりが苦手です。濡れることも嫌ですが散歩のあとの水洗いとタオルドライでした。僕のお母さんは結構手荒くタオルにぼくを丸め込んでごしごしでしたから。それで雨が降りそうだとレインコートを着せてくれました。僕はこの傘マークがお気に入りでした。雨は嫌いでしたが梅雨に咲き誇る大きな紫陽花の間を散歩するのは好きでしたよ。いまごろ紫陽花が綺麗に咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽のひとりごと~~

昨日は父の日でしたね。僕も今は天国のお父さんと毎日一緒なのでお父さんがお空のおうちに住むようになったその後のお母さんとお兄ちゃんと僕のファミリーの楽しいかった日々のお話を聞かせてあげています。話を聞いている時のお父さんの顔はいつもの優しい慈愛いに満ちたお顔で聞いてくれています。そして僕はいつもお母さんが料理をしている間そばで見ていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽のひとりごと~~

僕は今パパの膝に抱かれて天国でのんびりしています。今、お兄ちゃんと悪ふざけして遊んだ時のこと思い出しています。僕はちょっとドラマにまねて尼に変身、それから、ライオン丸にも・・・・・・・・・よく悪ふざけして遊んでもらいました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

太陽のひとりごと

僕の名前は太陽です。僕は4月25日虹の橋を渡り今5年前に亡くなった僕のご主人、太陽パパの所に来ています。僕は16年前飛び切り優しいパパ、ママ、そしてお兄ちゃんの大人3人のファミリーの一人となりました。 僕のパパは自然大好きで飛び切り器用なパパ、そして飛び切り無器用なまま、それでも料理だけはバッチリの優しい優しいママ、それにパパに似て器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年僕の初夏から~~秋へ~~

田んぼの緑も少しずつ濃くなります。 真夏の散歩は暑くてきついですよ1 ドライブも疲れるな~~~ 僕の散歩コースもいよいよ秋の気配です。 落ち葉ロードも良いけれどこれがおやつのジャーキーなら嬉しいのになあ~~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽

夕陽を見た時人は今日も一日が終わるのでしょうか!と少し切なくなります。 それでも3丁目の夕陽は何となくアットホームな気持になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋の能登は美しいですね

爽やかな秋風~~少しばかり夏の名残の眩しい陽射しブルーの空そして白い雲 ドレもキャンバスの中に取り込みたい景色ばかりです。波の音も心地よくて遠くを見たとき、懐かしい優しい笑顔が思い出されます。「今、能登の海に来ていますよ」と空に向かって呟く私。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏を楽しむ

籐の衝立が夏を演出 桔梗たちで涼しさアップ! 庭の睡蓮がひときわ華麗さを! 華麗さなら負けないわよと
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~~我が家の花たちからの囁き~~

小さな庭だけど~~ バニラ色のバラがお早う!と 玄関のクレマチスが新聞配達さんにご苦労様~とご挨拶 今年初めて咲いたのです。 いつでも優しくそっと見つめるかのように 今の綺麗な私を見てね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満員御礼!

今年は本当に沢山のかもの飛来です。それに新しい家族が増えたのでしょうね!     まだ少しばかり居場所あり!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春と真冬の往来~~~

数日前は晴れ渡った景色を観ていたのに今日はこんな雪景色、それでも今年の冬は雪が少なくてとても助かっているのですが
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お友達になろう~~~よ

誰が作ったのでしょうか。何時もの散歩の森の中の広場にゆきだるまさんです。 興味津々の太陽クン、「君~~背が高いんだね」「仲良くしてね~~」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOMIZI~~もみじ~~モミジ~~椛

毎日愛犬との散歩する森もいよいよ紅葉が進んでいてとても心が和みます   木漏れ日の中の椛       色々な表情で~古民家の椛も~みんな紅く染められて     グラデーションもなかなかのものですよ~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主亡き後に~

質実剛健それでいて人にはとても優しく自然を何よりも大切にどんな生き物もその命を大切にした貴方でしたね。今は優しい空気になって何時も私と一緒なのでしょうか。それでももう二度目の秋を迎えています。 粗忽で不器用な私を少しもさげすむことなく何時も優しく色々な知恵知識を与えてくださいました。いつの間にか私の心と頭の中にも季節ごとの自然界のミニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~~ゆっくりと優しく開花~~

昨年挿し木した優雅な夜の花~~月下美人~~いよいよ開花 開花まで目が釘付けでした。ふくよかな蕾です。 いよいよ今晩開花です 香しい香りが~~~ 妖艶な花の中~~ 後姿のなんと美しきかな~~ 幸せなひとときでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の生涯~~

初々しくて可憐な私です。 ~~魅せられて~~ すっかり熟花です。 花の命は短くて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手造り

究極の不器用な私です。それでも息子は幸い亡き主人のDNAを受け継いでくれて本当に助かります。垣根のリフォームを京都が大好きと京風町家のイメージしています。人との交わり方が下手な人ですが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆるーりの人生(2)

今日もゆったりのんびりの僕です食べたい時に食べちゃう!眠たい時に眠ってしまう、そして遊びに行きたければ玄関の戸を足でどんどん!我侭者で好き放題のこんな僕を家族の皆は何時も大切に思ってくれてとても大事にしてくれてそしてとても愛してくれて僕は世界一幸せ者です。~~~~~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆるーりの人生を~~~

愛犬太陽クンも我が家の家族になって13年です。一番大好きだったムツゴロウさんのようなパパは他界して2年、落ち込んでパクパク病の診断でお薬の処方してもらっていた彼も今は落ち着いてパパの代わりに私に一日甘えてきます。そして時として私の寂しさを沢山埋めてくれています。明るい日差しが差し込むガラス戸をふと見るとなんともゆったりとガラスに移るもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春過ぎたのに?????

立春過ぎたのに、この寒さ葉なんでしょうか?そしてやっと消えた里の雪。ホッとして早春を感じ取ろうとしていたのに思い出したかのように降り出してあっという間に銀世界をかもし出してくれるこの自然、静かにこの偉大な自然の中に身を任せるしかないのでしょうか。それでも人はもうすぐ春が来ると思う心で自分を和ませることも出来るのだからそれはそれで不思議な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に残る風景

毎日の散歩で私の心を捉えた風景   輝く満開の桜   夏の夜明けの輝き   ゴールドの森の秋映   雪のベールが静寂の墨絵の世界へ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の命は短くて~~~~~

毎年華麗なる花の乱舞咲きでこの鬱陶しい梅雨の季節に、ほんの少しだけれど、庭の花の女王となり、思うままに花開き、精一杯、自らを輝かせて咲く姿に目を奪われて、カメラの中でその麗しい姿を凝縮させようと色々鉢の移動をしているチャレンジおばさんの作品です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱陶しい梅雨でも華麗なるお花たち~~

梅雨と言えば先ずはアジサイですね。 田んぼ道のツユクサに天道虫が・・・ 雨露をしのばせる笹百合    夏の訪れを静かに待つ夏椿・・・・ 白いサツキがまだまだ咲き誇って・・・・   森の中ではアザミの花が艶っぽく・・・・ 梅雨の季節は「私が一番よ!」と花菖蒲・・・ 小さな沼に凛として花開く睡蓮なんと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新緑~~深緑~~目に青葉~~

生命力に満ち溢れている今の季節です。私の一番大好きな季節! 森の中では鳥のさえずり、池の水面もブルーとグリーン、足元には可愛い草花、どれも息づいていますよ。 愛犬もそれらの息吹を吸い込むように、忙しそうに鼻をクンクンさせて、少しw化が選ったように足取りも軽くなっている私が居ます。元気で森の爽やかな空気を頂いて、リフレッシュさせて頂い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

さくら~サクラ~桜~

淡いピンクの花弁を創めは恐る恐る開花させるかのように、 森の中の古民家の周りも桜の花たちが優しく包むように咲き誇って、 森の小高い山の大きな桜、貫禄充分な肝っ玉母さんみたいに、 竹林の前で咲いた白い花の桜、なんとなく少し竹の色を匂わせているみたいに 青空の下では花影を落として 色々な表情で咲いている春を告げる桜、なんとなく心を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more